どんなカタログか知る

どのようなカタログかを知るために、匠の一冊ではサンプルとしてデジタルカタログを置いています。
基本的な内容は、商品紹介、注文用紙等の簡単なものです。
しかし、そのようなシンプルな作りでも、実際のカタログを持っている人なら分かると思いますが、ページ数はなんと300ページ前後となっています。
この理由は、詳しい説明を商品1つ1つにしっかりと書いているからです。
例えば、どのような場所でこの道具を使うのか、どのようなメリットがあるのか、他の商品との違いはなんであるかというのを、隠すこと無くしっかりと書いてくれているのです。
そのため、他の商品との比較を自分ですることなく、匠の一冊を信じて購入することが出来るのです。
このような親切な作りであるため、この匠の一冊を利用するお客さんというのはかなり多くなっています。
皆さんも、実際に匠の一冊を使ってみれば便利さが分かると思うので、是非匠の一冊を使って欲しいと思います。